【お役立ち情報】バストアップの妨げになってしまうストレスを溜めること

バストアップを実現するためには、女性ホルモンの分泌が活発にすることがポイントとなります。
女性ホルモンの分泌は、脳下垂体と呼ばれている場所の、視床下部で調整されているのです。

 

視床下部の働きが悪化してしまうということは、バストアップに必要な女性ホルモンの分泌が行われないこととなります。
なのでバストアップを考えている人は、とにかくストレスを溜めることの無い生活を送ることが大切なのです。
視床下部でどの程度の量が分泌されることになるのかが決まりますが、ストレスを最も受けやすい場所の一つなのです。
このことからストレスを抱えてしまいますと、視床下部の働きが悪くなってしまうのです。 納得の美容を手に入れるために脂肪吸引やフェイスリフトなど外科的な方法を利用するという考え方もあります。
ただし忘れてはいけないのが外科的な方法というのはある程度のリスクが存在しているということなのです。



【お役立ち情報】バストアップの妨げになってしまうストレスを溜めることブログ:210707

こんばんは

今日は9時から、友達に付き合って…
柔軟とウォークフリー。

ワキ腹も気になってたし、9時からは辛いけど、
やってみるかーと思ったのが、間違いでしたー。

6kg大きくなれば、体は重いね。

スーパースタイルをもらったけど、ぐんぐん燃焼してくれるのか!?
とか密かな期待。

オヤツはサラダ寒天とか、しばらく徹底してみると
良いかもしれないけど、手巻き寿司食べたいし。

気分的には凄い良いことだなーとは思ったけど、寒い冬は
続けるのは難しいことかも。

室内ばかりなら良いけどね(笑)


あさっては、図書館に行く話があって。

もちろん曇りのち雨かどうかによって変わってくるんだけどね。

行こうかって言いつつ、なかなか実現していないから、
図書館に行きたくないと思われるのもなーとか
思ってて。

神戸でもネパールでも、お金と余裕があれば、
いろいろと行きたいところなんだけどね。

最近、自分に少し余裕がないというのも正直なところ。

仕事のことが一番考えるところだけど、ストレス発散やリフレッシュも
大切だけど、考えなくちゃいけない時もある。

周りに心配されると、余計に気を遣ってしまうから、少しそっと
しておいてほしいなーって時あるよね。


出かけたら、それはそれで楽しいのもわかってるし、嫌なわけじゃ
ないんだけど、説明が難しいんだよねー。

たまには断る時もあるけど、携帯嫌いになることがある今日この頃。

考えすぎると寝不足になるから、そろそろ寝ますかー。





ホーム サイトマップ