【お役立ち情報】バストアップの妨げになってしまうストレスを溜めること

バストアップを実現するためには、女性ホルモンの分泌が活発にすることがポイントとなります。
女性ホルモンの分泌は、脳下垂体と呼ばれている場所の、視床下部で調整されているのです。

 

視床下部の働きが悪化してしまうということは、バストアップに必要な女性ホルモンの分泌が行われないこととなります。
なのでバストアップを考えている人は、とにかくストレスを溜めることの無い生活を送ることが大切なのです。
視床下部でどの程度の量が分泌されることになるのかが決まりますが、ストレスを最も受けやすい場所の一つなのです。
このことからストレスを抱えてしまいますと、視床下部の働きが悪くなってしまうのです。 納得の美容を手に入れるために脂肪吸引やフェイスリフトなど外科的な方法を利用するという考え方もあります。
ただし忘れてはいけないのが外科的な方法というのはある程度のリスクが存在しているということなのです。



【お役立ち情報】バストアップの妨げになってしまうストレスを溜めることブログ:210121

(*´Д`人)コン(人´Д`*)バン(*´Д`*)ゞh♪

減量を実現するためには…
「摂取するカロリーを減らす」か「消費するカロリーを増やす」
いたってシンプルですね。

摂取するカロリーを減らすのなら、食べる量を減らすことです。
食べる量が少なくなれば、やせます。
一方、消費するカロリーを増やすのなら、運動をすることです。
運動量を増やすことで、カロリーの燃焼量も増え、やせることができます。

皆様は、どちらの方法を選びますか?

ここに「人間のさが」とも言うべき本音が出てきます。
本来、人間は怠け者です。
楽をしたいと思う生き物です。

ですから、減量をするときにも楽をしたいと思い、
「食べる量を減らす減量」を
選択してしまいがちなのです。

もちろん食べ過ぎているのなら、
食事量を制限する必要はあります。
食べる量が適正でなければ、減量の成功は難しいですからね。

しかし減量を、
「食べない」という方法だけに頼っている人は要注意です。

やせようと思うなら、必ず「運動」が必要です。
よく動くことで、筋力がアップします。
筋力と体力を増やすことにつながります。

これはどういうことかというと、
長丁場の勉強を乗り越えたり、大きな仕事を乗り越える
土台をつくるということです。

また筋肉量が増えれば、
エネルギーの燃焼を高めるための基礎代謝量を増やすことにもつながります。

すると、
活力あふれる体質になるだけでなく、
太りにくい体質にもなるのです。

急に激しい運動をしたときは、
一時的に「筋肉痛」というデメリットがありますが、
それ以外にこれという大きな弊害は見当たりません。

食べない減量だけでやせようとしないことです。
必ず運動を取り入れるようにしましょう。

今日は、ここまで。

ホーム サイトマップ