【お役立ち情報】食事を抜いてしまうような無茶なダイエット

とにかく体重を減らすことばかりを考えてしまいますと、食事を抜いてしまうような無茶なダイエットをしてしまうことがあります。
無茶をしてしまった反動からリバウンドしやすく、根本的な体質改善にもならず、栄養が不足をしてしまい健康までも害してしまう危険性があるのでご注意ください。

 

ダイエットをする時には出来る限り決まった時間に食べるようにして朝食は抜かずにしっかりと毎日食べるようにしてください。
食事を抜いてしまいますと、脳は飢餓状態だと思い込んでしまいエネルギーを体に溜めておこうとすることから、代謝の妨げになってしまうのです。
質の良い食事というのは、健康的なダイエットを行う時には絶対に欠かすことが出来ないものとなります。
身体の内側から健康にすることによって、基礎代謝が向上し、「太り難い体質」を実現させることが出来るのです。 人というのは最古より美容を求めているものであり、最近では大金を使って美容を追求している人が大勢います。
どんなに大金を使ったところで全てがムダになってしまう美容方法も実際にあるのでご注意ください。



【お役立ち情報】食事を抜いてしまうような無茶なダイエットブログ:201030

おいらの母の実家は伊豆の修善寺にある旅館で、
幼い頃遊びに行くと、
板前さんが家族のために作ってくれる料理を食べさせてくれました。

おいしくて見栄えもキレイに作られたそのまかないの食べる事は、
おいらにとって特別なものでした。
いつも楽しみで、強い憧れのようなものを抱いていました。

我が家は、至って普通のサラリーマン家庭。
母は食べることは一流でも、腕はそこそこ。
どちらかというと料理よりも洋裁が好きで、
24時間中ミシンがけをしていることもありました。

でも、シチューやコロッケといった
当時で言えばハイカラなものが好きだったお父さんのために、
料理教室で習ってきては、一生懸命作ってくれたものです。

決して豊かではない時代に
おいらは「普通のものを普通に」食べさせてもらったと思っています。

母の愛情がこもった料理と、
祖母の家で食べる特別な料理…
どちらも大切な味の記憶です。

母が作ってくれる料理で大好きだったのが
「なまり節と茄子の焚き合わせ」。

なまり節と茄子を適当に切って、
醤油と生姜で甘辛く焚いたものですが、
これがとびきりご飯に合うんですよね!

最近はなまり節もあまり店頭で見かけなくなり、
おいらとしてはとても残念です。

もう一つ好きだったものは「おせち料理」。

食べるのはもちろん、
おいらは作るのを手伝うのが好きでした。

キントンや錦卵を裏ごししたり、豆を煮たりという工程が大好きで、
大晦日も紅白歌合戦を見ながらせっせと手伝うのが常でした。

ぬかみそを混ぜたり、
白菜漬けを手伝ったりするのも好きでしたから、
母もラッキーだったと思います。

母はおいらが料理をしたがると、
台所を解放してくれて、
好きなだけ自由に作らせてくれました。


ホーム サイトマップ